TOP フロントこぼれ話
インタビュー ヴェルディとは?
ヴェルディのある生活 サイトトップへ
ヴェルディ写真館01

2007年7月3日、よみうりランドのヴェルディ練習グラウンドに、八王子にある東京造形大学写真学専攻の生徒3名が集まり、
各々の感性で自由にチームを写真に収めた。


はじめて見るプロの練習の激しさに、最初は圧倒されながらも、シャッターを切り続ける。


そんな、彼、彼女の、はじめてのヴェルディをご覧下さい。

-今回参加の3名-
井手さん

スポーツ写真を撮るのは初めてで、選手の動きをファインダーを覗きながら追うだけで精一杯でした。
あいにくの空模様でしたがグラウンドの中はそんな天気もものともせず、大きな声でコミュニケーションをとりながら練習をこなしていました。
ラモス監督の声もよく響いていました。

撮影を重ねるごとにそんな選手の真剣な練習風景や、合間に見せる選手の素顔にもっと迫れるよう頑張っていこうと思います。


遠藤さん

緑の芝生に降りた瞬間鳥肌がたった。 憧れだった 選手達が 目の前にいる。 しかも同じ芝生上に いられる こと。
試合じゃみられない 表情やしぐさ をみて この空間に少し 慣れながら 100%本気で練習している姿に 圧倒され、 みとれてしまった。


寺沢さん

小雨がぱらつく中での練習でした。
常に指示を出し合う選手と監督とコーチの、喉が枯れてしまいそうな ほどの声。
ボールの蹴る時の、ポコンと突き抜けるような音。
全てが曇天の空に響いていたのが、印象に残っています。
選手たちはこうして、いつかこの曇天を切り開いて、私たちに晴れ間を見せてくれるのでしょう。
  
練習中に監督が発した「ここはサッカーを楽しむところ!!」という言葉はサッカーのみならず、
好きな事を夢中でやっている私達にとって、決して忘れたくない一言だと思いました。


画像01〜 画像11〜 画像21〜 画像31〜
画像01〜 画像11〜 画像21〜 画像31〜