前編  ひと言


――後編は、少年時代の話からうかがいます。千葉育ちの廣山選手ですが、どのような子供時代を過ごされていたのでしょうか。

「サッカー漬けの子供でしたね。
生まれは市原市なんですけど、幼稚園のときにその隣の袖ヶ浦市に引っ越して、そのときから遊びでサッカーボールを蹴っていました。
小学1年からは地元のサッカーチームに入って、3年生から学校のサッカー部でやってました」

――そのころのプレースタイルやポジションは覚えてますか?

「ドリブルが多かったですね。
システムが4−3−3でその真ん中、センターハーフでしたね」

――昔は中盤のこと「ハーフ」って言ってましたよね、懐かしい(笑)。ちなみに、現在海外でプレーしている福田健二選手(ヌマンシア)とは、この頃からの幼馴染みだそうですね。

「彼は小学校5年のときに転校してきたのですが、『西日本で最優秀選手になったすごいやつが来る』という噂で、学校中が大騒ぎになったんですよ(笑) 実際ものすごく巧かったです」

――福田選手によれば、廣山選手の印象は、「『キャプテン翼』の翼くんのような少年」だったそうです。「僕、廣山望、よろしくね!」と、さわやかに挨拶されたと。

「ははは(笑)そうだったんですかね?
小中高とずっとチームメイトであり、いいライバルでしたよ。
キャプテン翼はまさにドンピシャの世代でした。 好きなキャラクターは特にいなかったですけど、大好きでしたよ」

――プロサッカー選手になることを意識し始めたのはいつごろからですか?

「幼稚園のころから、七夕の短冊には『プロサッカー選手になる』って書いていました。
ただそのころはまだ日本にプロがなかった時代でしたけど。
中学生ぐらいからプロができて、本格的に意識するようになったのは高校ぐらい。
スカウトの方と話をするようになって、実際にいくつか誘いをいただいてからでしたね」

――その中から地元のジェフ市原(現:千葉)を選んだのは自然な選択?

「そうですね。一番試合にも出場できそうなチームでしたし、暮らしの面も考えて、ジェフにしようと決めました」

――このとき千葉大学教育学部にも合格を果たし、初の「現役国立大生Jリーガー」としても話題になりました。高校時代の成績がとても優秀だった(3年間の評定平均4・8で学年1位!)とうかがっていますが、サッカーとの両立は大変でしたか?

「中学校まではサッカーは週二回ぐらいでしたし、勉強も頑張ろうという意識が強かったです。
ちゃんと塾にも通ってました。
ただ高校に入ってからは、習志野高校っていうサッカーの強豪校に進んだので、あんまり勉強時間は取れなかったです。
(大学は)高校の先生から『こういう推薦入試枠があるぞ』と言われたのがきっかけで受けてみました。小さい頃から憧れの大学だったので、運良く合格できてうれしかったです」

 

 
――それからジェフで5年間プレーした後、2001年には、いよいよ海外へ挑戦します。4ヵ国でプレーされていますが、やはり一番のターニングポイントになったのは、最初のセロ・ポルティーニョ(パラグアイ)への移籍でしょうか?

「そうですね。Jリーグで5年間やって、それなりに充実はしていたんですけど、来年も同じことの繰り返しになるような気がしたので、思い切って違うことをしたい、という気持ちが強くなっていたんです。
変化を求めたかったというか。でも、このときに行ってよかったと思っています」

――パラグアイで一番不安感じたのはどういうときでしたか?

「実は、初めて空港に着いたときが一番不安だったんです。
30時間以上フライトして降りたらそこはジャングルみたいな場所で、道路も舗装されてなくて赤土むき出し。
その光景を見た瞬間はさすがに『失敗したかな・・・』と。
ただ生活を始めてしまえば、もうずっとサッカー漬けで、すぐ不安もなくなりました」

――南米王者を決める、あのレベルタドーレス杯にも日本人として初出場しました。三浦知良選手も出たことのなかった歴史ある大会ですが、スタジアムの雰囲気はいかがでしたか?

「すごかったですよ。 それこそ、テレビで見ていた世界ですよね。
サッカー選手冥利につきるというか、これがサッカーなんだな、というのをピッチに立ってヒシヒシと感じました。
それと、大きい大会になると、いかにチャンスが落ちているのかっていうのがよくわかりました」


――というと?

「試合に出てチャンスをつかむことに対する意識が鋭くなるんです。
日本だと一年単位でシーズンや選手が動きますけど、南米だと昨日まで一緒にプレーしていた選手がすぐに欧州へ移籍していったり、敵として対戦していた相手が自分のチームに来たりというのが、日常茶飯事でしたから。
『そういう世界なんだな』って受け入れるようになるんですよね」

 

――その後、ブラジル、ポルトガル、フランスと経験されるわけですが、特に印象的な国はありますか?

「フランスですね。生活が理想的でした。
僕の行ったモンペリエは南の方だったのですが、地中海沿いで気候も良かったですし、ラテンの雰囲気でみんなのんびりしていて、親しみやすい人が多かったんですよ。
それでいて国として経済的にもしっかりしているので、物質的にも情報的にも困らない。
将来的に住んでもいいなと思うくらい、理想的な地域でしたね」

――リーグアン(フランスリーグ)についての印象は?

「日本人には合っていると思いますよ。
システマティックで個人技が高いリーグですが、イタリアやスペインと比べたら、激しさの部分が少ないので、ヨーロッパのなかでは、日本人の力を発揮しやすい場所だと感じました。
リーグやクラブの運営もしっかりしてますから、選手だけじゃなくて、代理人含めても仕事がしやすい国のようです」

――南米や欧州のサポーターと接して感じたことはありますか?

「うーん、向こうは層の広さが違いますよね。 そこの地域で育ったサポーターが親子三代でクラブを応援していたりする。
でもJリーグの百年構想はそこを目指しているのだから、日本も向かっている先は正しいと思います。
ヴェルディだって親子でランドに通ってくれるサポーターが増えてきてますし、いい方向に近づいているなって感じてますよ」

――では最後に。廣山選手が考える、サッカーの魅力とはなんでしょうか。

「選手として感じているのは、本当に世界中どこの国でもやっているワールドワイドなスポーツだな、ということ。
そして、ピラミッドの頂点と底辺まできちんとつながっているスポーツでもある、ということです。
例えば、頂点にいるのがロナウドだとしたら、世界で優勝を経験したりしている彼でも、貧民街でボールを蹴っている子供達のこともちゃんと知っているわけじゃないですか。
ワールドワイドでありながら、そういう裾野(すその)の広がりまでしっかり感じられるのがサッカーの魅力だと思います」

――どうもありがとうございました。 <了>


前編  ひと言