FC東京TOP画像

お待たせしました! FC東京の地元・小平出身の期待の若手DF吉本一謙選手に、サポーター・吉田真美さんがファン代表記者として緊張のインタビュー。

取材は吉本選手19歳の誕生日5日前の4月19日。吉田さんが持参した誕生プレゼントのキャップを渡してインタビュー開始となった。

吉本見出し1

吉本画像1

――お誕生日おめでとうございます。ちょっと早いですけれど(笑)。

「ありがとうございます(笑)、うれしいですね」

――4月生まれの吉本選手ですが、4月生まれって得ですか、損ですか? 例えば同級生の権田修一選手は早生まれで先月18歳になったばかりで、吉本選手はもうすぐ19歳。実際1年ぐらいの差がありますけど。

「自分としては得だなと思いますね。みんなの中で一番早く大人に近づきますし、免許も早く取れるし、成人するのも早いですし。まあ、早生まれのゴンちゃんが下のカテゴリーの日本代表(U-18)に入っているのは得だなと思いますけれど(笑)」

――吉本選手も今度U-19代表ですね。誕生日はそのキャンプ中ですが、頑張ってください! 坊主頭が可愛いですが(笑)、どうして坊主にしようと思ったんですか?

「試合に出てあまりいいプレーが出来なくて、結果も出なくて、ちょっとさっぱりしたいな、と思ったんです。それなら、髪の毛か、みたいな感じです(笑)。坊主にしたのは小学校以来で3200円、高っけえなと思いました(一同笑)。小学生の頃は似合わなかったんですが、今回は結構いいかなと思っています(笑)」

――似合ってます! 髪を切るのは勇気がいると思うんですが、直前まで迷いませんでしたか?

「意外に吹っ切れていたのであまり迷いは無かったですね。まわりの評判も自分で思っていたより良かったですし。似合ってるって言われて良かったです!」

吉本画像2

――高校2年生のときからトップチームに帯同していますが、去年の終わりごろはユースの試合にも出ていましたね。トップの練習とは別にユースの練習にも参加していたんですか?

「そうですね、最初の頃は、週の前半はトップで練習をやって、ユースの試合があるときは一日か二日前に合流して練習と試合、それからまたトップに戻って3日練習して、という感じでした。ユースのみんなとはトップに来ている間も連絡取り合ったりして、どういう状況になっているかは分かっていたし、基本的に誰とでもしゃべる方なので、そういうコミュニケーションの部分では問題無かったんじゃないかと思います。まあ、自分ではそう思っているんですけれど(笑)」

――特にディフェンスはコミュニケーションを得意としているのは大事なことですよね?

「そうですね。やっぱりモニさん(茂庭照幸選手)とかすごく上手くコミュニケーションをとっているので、自分もそうしていきたいです」

――プロを意識したのはいつぐらいからですか?

「やっぱりジュニアユースに入ってからですね。その年、尾亦君(尾亦弘友希選手・現湘南ベルマーレ)、ユータ君(馬場憂太選手)が高3で、一緒に近くで着替えていた人がプロになって、プロを身近に感じて自分もなりたいなと思いましたね」

――プロになったときに同級生から何か言葉がありましたか?

「飯おごってね、って言われたのが一番多かったです(笑)。」

――開幕戦でJリーグデビューでした。試合前だけでしたけれどゴール裏に「カズ、上がれなかったヤツの分も楽しめ!」って大きな横断幕が出ていたのは気付きましたか?

「いや、あとで言われて知ったんですけど、その時は気づかなかったですね(だってデビュー戦だもんね、と同行スタッフ)。
ええ、メンバーにも入ったことが無かったし、開幕戦だったし初めてのことばかりでもうめちゃくちゃ緊張しましたね。横断幕のことは試合後に記者の方に聞いて、すごく嬉しかったです。試合に出るのが分かっていたので、ユースの仲間もメールで頑張れよって言ってくれていました」

吉本見出し2

――ファンブックとかテレビのインタビューを見ると、ボーダー(柄)が多いですが、好きなんですか?

「ああ、セーターとかTシャツとかですね。いや、好きっていうわけじゃないんですけれど、でもそう言われると多い気がします(笑)。服にはこれまで全然興味が無くて、最近は自分が稼いだお金で買えるのでちょっと興味が出てきましたけれど。でも普段はほとんど家とグランドを車で往復するだけなので、私服を着るのはご飯を食べに行ったりする時だけですね。普段はスウェットで来たり(一同笑)。あんまり見られないからいいかなと思って(笑)。逆に私服でグランドに来る人はすごいなと思いますね。お洒落ですよね」

――チームで一番お洒落なのは誰ですか?

「いやもう、みんなお洒落でセンスいいと思うんですけれど、一番こだわりを持ってるなと思うのはモニさんとノリオ君(鈴木規郎選手)ですね。でも基本的にみんなお洒落だと思います。僕が全然無いだけで。あんまり興味が無いんで(笑)」

――じゃあ逆にもう少し気を使ったらっていう人は?

「いや、それは俺が一番じゃないですか、みんなにもすごい言われます(一同爆笑)。それは無いっしょ、みたいな感じで。でも今はあんまり興味が無いんです」

――今はサッカーが一番ですよね。

「はい!そうすね」

吉本画像3