〜こんな手口に気をつけよう!〜

■『裁判通知書』が届き、財産を預ければ裁判を回避できると言われ、全預貯金を送金したら、架空請求だった!

 公益法人を装うことで信用させ、『訴訟、差押え、強制執行、勤務先への連絡』などをハガキに書くことで不安に陥れ、本人から問い合わせの電話をかけさせる架空請求の手口です。連絡すると根拠のない多額のお金を請求されたり、電話番号などの個人情報を知らせることになるので絶対に連絡してはいけません。

基本的には無視することですが、それでも脅迫されたり、しつこい請求がある場合は警察に通報し、届いたハガキなどは証拠として保管しておきましょう。少しでも不安がある場合は消費生活センターに相談してください。(内閣府国民生活局消費者企画課より引用)
上記リーフレット引用先 内閣府国民生活局消費者企画課
リーフレット発行 内閣府 企画・編集 (社)全国消費生活相談員協会 イラストレーション:みつき
次のページへ