空間都市八王子
トップページ 八王子情報 アミューズメント スポーツ お買い物 空間都市八王子について

フェアトレードは公平貿易とも言われ、国際貿易において発展途上国の立場の弱い生産者と労働者により良い取引状況を提供して、持続可能な開発が実現出来るように貢献する社会運動。
このフェアトレード活動の拠点として「いちょうホール」前にオープンしたのが「MARCHE」だ。
運営は八王子市と八王子の学生が協働で行い、八王子のさまざまな学生活動の場としても盛り上げていく予定だ。

オープンの5月13日は★学生天国★の開催日。その主催、八王子学生委員会のフェアトレード部会長の藤江優子さんと八王子市の佐藤高広さんに、多くのお客さんで賑わう店内でお話をうかがった。



お話:
八王子学生委員会 フェアトレード部会 藤江優子さん(創価大学文学部4年)
八王子市市民活動推進部 学園都市文化課主任 佐藤高広さん




――このカフェの発案は学生からですか?

佐藤)学生と市の両方から出た話です。最初のきっかけは2年前の国際交流フェスティバルという事業です。これは八王子市域の大学留学生や市内在住の外国人と日本人との国際交流を目的としています。たまたまそこに参加した学生の中にフェアトレードに興味を持っている人がいまして、一緒に何か事業を立ち上げてやっていけないか、という話が出たのです。
実現に向けて動き出したのは、昨年の★学生天国★にサークルで参加していた藤江さんたちに、実は今こういう話があるけれども、と話をしたところからで、いろいろな大学の仲間に声をかけたりして徐々に広がって具体化していったのです。
活動の母体としては八王子学生委員会という公的な団体がすでにありましたので、その専門部会組織としてフェアトレード部会を立ち上げました。

――藤江さんはサークルでどんな活動をされていたんですか?

藤江)国際ボランティアのサークルで、市内のイベントでフェアトレードの活動をしたり、年に1回カンボジアに行って現地調査などもやっていました。お話をいただいたのは、ちょうどカンボジアから帰ってきて、現地での思いが日本で風化していくのを感じて、何か出来ることは無いのかなと思っていたところでした。カフェは継続的に活動出来る場だということに魅力を感じて、是非やらせていただきたい、と思ったのです。



――実際の業務はどういう形なんでしょう?

藤江)まだ自分たちで直接取引をやる力はありませんので、国内に数社あるフェアトレードの会社の販売委託をする形です。まず多くの方たちにフェアトレードそのものを知っていただくのが大事だと思いますので、当面そちらに力を入れて行きたいと思っています。将来は自分たちで直接取引をやれたら凄いですね。

――店内で働いているのは学生さんですか?

藤江)ええ、全員学生で20名ほどがかかわっています。私は4年生なので大学卒業と同時にカフェも卒業です。学生カフェなのでどんどんメンバーが入れ替わりながら受け継いでいく形になると思います。参加している学生にはフェアトレードに興味を持っている人も、将来は自分でカフェをやりたいから、という人もいます。



――とりあえず1年はここで活動するとうかがいましたが、そこから先についてはいかがですか?

佐藤)出来る限り継続して、フェアトレードの普及活動をさらに展開していきたいなと思っています。また学生さんには、いわゆる学生イベントの企画もお願いしていまして、八王子23の大学短大高専で横のつながりを持ちながら、いろんな面での交流をしてもらえればいいな、と思っています。その拠点としてこの場所があると思っています。その中でお店のPRも行っていってもらいたいですね。

――開店に当たっての意欲をうかがえますか?

藤江)ついにオープンしたのですが、大変なのはこれからだと思います。慣れない部分を早く無くして、お客様に過ごしやすいカフェにしていきたいですし、フェアトレードについても認識を深めていただく場にしていきたいと思っています。パンフレットを制作して各テーブルに置くなどして、コーヒーを待つ間に目を通していただけるようなものを作って行きたいと思います。

――今後の活動に期待しております。有難うございました。



フェアトレードカフェ MARCHE(マーチェ)


住所 東京都八王子市本町10-7
  
電話番号 042-620-7409


営業時間 金曜:16時〜21時、土曜11時〜21時、日曜11時〜20時